ThinkPad T530のSSDへの換装

5年前に購入したPCの内蔵HDDをSSDに換装した。3万5100円の投資で、最新型のPCに買い替えるよりも高い性能を発揮する。

現在主に使っているPCはThinkPad T530で、2012年11月から使っている。当初はWindows 7 64bitだったものを、2016年夏にWindows 10にupgradeした。内蔵HDDは、標準搭載のものを当初からHGSTのTravelStar 750GB/7200rpmを2ドライブに換装して使っていたが、その後2台とも同シリーズの1TBのものに置き換えた。音楽と動画の編集が主な用途なので、容量、速度ともにそれなりのスペックが必要なのだ。

このPCも購入から5年経過したので、本来であればそろそろ買い替えの時期だ。バッテリーは少し前に買い替えたものの、AC電源なしでは2時間ぐらいしか持たない。Windows 10にupgradeしてから起動ディスクの遅さが目に余る。当初余裕のあったDisk容量もだんだんと厳しくなってきた。より大きなものに換装しようにも、2.5inch HDDの1.5TBのタイプはかなり価格が高く、性能面では劣る。そこまでするならいっそPCごと買い替えようかと、物色し始めた。

ところが最近のノートパソコンは薄型が流行りで、ThinkPadのTシリーズは470s一択になっている。470sはとても魅力的なPCだが、内蔵ディスクがSSDのみで、オーダー時期にもよるがほとんどの場合、SSD PCIe-NVMeの512GB 1台が最大容量のようだ。まれに1TBが選べる時もあるが、販売価格の1/3をSSDの値段が占めるような状態になる。

全てのデータをPCに載せるのをあきらめ、仕掛中のデータのみPCに載せるようにすれば、なんとか512GBでもやりくりできるかもしれないと考え、T470sの注文をしかけたが、そこでとても重要なことに気が付いた。

今のThinkPad T530にはCPUとしてIntel Core i7-3720QMが搭載されている。これは合計4 coreのCPUで、PassMarkのベンチマーク値で8129という数値が出ている。一方、ThinkPad T470sは最大でもIntel Core i7-7600Uは合計2 coreのCPUで、PassMarkのベンチマークが5606なのだ。

5年の歳月が経ち、CPUは進化して、core当たりの性能は伸びているものの、ノートPCに搭載されるCPUはcore数が減っていて、合計能力では5年前のPCに劣るのである。

こんなことは今までなかったので、全く想定していなかった。前述のように音楽や動画の編集を主な用途としているので、core当たりの能力より、合計能力が高い方が圧倒的に有利なのだ。

さらに調べてみると、Intelは最新のモバイル用のCPUとして、i7-8550Uなどの4 core CPUを出しており、これを採用したノートPCも出始めている。残念ながらThinkPadシリーズでこれを採用したものはまだない。それにi7-8550UでもPassMark値では8031なので、i7-3720QMにわずかに及ばない。

この段階で、PC本体の買い替えはメリットがないことがわかり、Disk換装に方針を切り替えた。一番の悩みはOS用ドライブのアクセスが頻発することによる性能劣化なのだ。特に、起動後10分ほどは全く使い物にならない。

Diskの方を調べてみると、2.5inch HDDで7200rpmを達成し、1TBより大きなものはないが、SSDは既に2TBがあり、価格も以前より格段に下がっていることがわかった。

既にHDDの時代は終わり、SSDの時代になったということなのだろう。しばらくはT530のディスクをSSD SATA 1TBに換装してしのぎ、薄型ノートPCが内蔵2TBのSSDと、4 core以上のCPUを積むようになったら、PC本体を買い替えることにした。

1TBのSSD SATAはCrucialのMX300を3万5100円で購入した。今まで使っていたHDDが8000円程度だったと思うので、4倍の価格だ。でも、速度はそれ以上に速い。ディスクの移行はいつものように、Acronis True Imageのクローニングで行った。1TBの70%程度使っている状況だったが、7時間ほどでコピーが終わった。

電源を入れると、1分も立たずに起動し、すぐ使い始めることが出来る。今までは10分放置してからでないと使いものにならなかったので、夢のようだ。面白いことに、データを入れている2台目のDiskはHDDのままなのに、特に遅さを感じない。つまりOS用ディスクに集中している、アプリケーションやページファイルなどが遅さの原因だったのだろう。

 

ThinkPad X1 Yogaでトラック・ポイントが使えなくなる問題

その後、ThinkPad X1 Yogaでトラック・ポイントが突然使えなくなったり使えるようになったり、わけのわからない状態が続いていたのだが、あるときふと問題発生の条件が分かった。

併用しているThinkPad X1 Carbonの蓋を閉じている状態のものの上に、X1 Yogaを重ねて置いていると、突然トラック・ポイントやキーボードが使えなくなるのだった。その状態でX1 Yogaをちょっとずらすとマウスやキーボードが復活する。

FnLkやF1やF4のLEDが点灯している状態だと、トラック・ポイントやキーボードが使えなくなる際にLEDも同時に消えるのでとても分かりやすい。

まあ、あれなんでしょう、きっと。蓋閉じたときに何かするためのセンサーとかがついていて、それが真下にあるThinkPad X1 Carbonの何かに反応しちゃうんでしょう。

机の上が狭くて、いくつもPCを横に並べることができず、横着して、とりあえず使わないものを片付けて場所を空ける手間を省いていたのがいけなかったらしいです。

大量にThinkPad X1 Yogaの設定作業をするような目に遭っている方は、何台も縦に重ねて作業しないようにしましょう。(誰もしないかそんなこと・・・)

 

ThinkPad X1 Yogaでスリープから戻るとキーボードが使えない

引き続きThinkPad X1 Yogaで問題が出る。以前からあった突然キーボードやマウスが使えなくなる問題は、Lenovoのサイトから関連するデバイス・ドライバの類をダウンロードしてインストールしたら治ったが、何故か蓋というかディスプレイを閉じてスリープモードにしたのち、元に戻すとキーボードが使えなくなる。

Windowsメニューから電源ボタンのアイコンを押して、スリープを選んでスリープさせ、Fnキーを押して復帰した場合は問題ない。

色々調べて一通り試すが効果がなく、Lenovo Settingsなるものも試して言われるがままに最新状態にするが解決しない。

ふと、以前見たWeb記事を思い出して、ログインもしていないし、全く使ってもいなかったが、何時からか起動だけされていたOneDriveを、起動しないようにしてみると・・・、治った。

何なんだ、一体・・・。

 

 

Thinkpad X1 Yoga

昨年、ThinkPad X1 Yogaを2台購入したところ、1台はとても調子が良く、1台は今までのところ全く役に立っていない。元々はPCよりもタブレットの方を好んで使っている家人のために、タッチパネルである程度の事ができるということでこの機種を選んだ。最初の1台を初期設定する際にはとても好印象で、内蔵ドライブの容量がもう少しあれば、自分の仕事用にも十分使えると思った。

最初の問題は、自分のミスで、電源ケーブルの差込口近辺を破損してしまったことだった。初期設定作業中に電源ケーブルを机の前面から斜め前方に垂らすような状態で作業していて、ちょっと移動するときに電源ケーブルを足に引っ掛け、本体を引きずり落してしまったのだ。臨時の作業とはいえ、手を抜いて、あまりに適当な方法で電源を確保してために、大きな損失を負うことになった。流石に本体にひびが入ったまま引き渡すわけにもいかず、修理の見積もりを取ってみたところ、なんと新品を買いなおした方が安いことが分かった。ACアダプターの方はプラグが壊れてしまったものの、本体の方は割れているのはキーボードベゼルと電源コネクタの一部だけで、動作にはなんら支障はないのだが、修理窓口の見解では、マザーボードの交換が不可欠だということだった。

家人用には新たにもう1台同じ機種を購入して、引き渡し、こちらの方は予想以上の大好評だった。今まで感じていたPCへの不満の多くが解決したらしく、その後はPCの使い方に関する問い合わせも激減して、私の生産性も大いに向上した。正しく動作している限り、ThinkPad X1 Yogaは本当に素晴らしいPCだ。そのことは、ここで強調しておく。問題は、ひびが入ったもう一台の方だった。

さて、手元に残った1台の方を使うために、最初に手を打ったのはACアダプターの購入だ。ところが新たに購入したACアダプターをつなぐと、しばらくして電源に関する警告が出る。家人用のものをつなぐと問題がないので、どうも新しいACアダプターの方に問題があるらしい。そう言えば私はLenovo公式サイトではなく、Amazonで購入したのだった。どうも偽物をつかまされてしまったようだった。この問題はあらためてLenovoの公式サイトから購入しなおすことで解決した。割安の自称純正品は要注意だ。

しばらく使っていると、ふと画面の明るさを調整できないことに気づいた。標準設定のままだとすこしまぶしいので、Fn+F5で少し暗くしようとすると、インジケーターは下がっていくのに暗くならない。これはHotkey関連に問題があるに違いないとおもって、Lenovoから出ているupdateを一通り適用することにした。Mouse、Keyboard、Display、BIOSなど、いくつものupdateが出ているので、全部選択して一気にインストールしようとした。その途中で画面が真っ暗になって何も映らなくなった。

やむなく電源ボタンを長押しして、強制停止し、電源を入れなおしてみると、起動画面は表示され、OSに制御が移ったあたりで画面が暗くなる。どうにもならないので、OSを導入しなおすことにした。最近のPCはOSが初期導入されていて、リストア用のメディアもついてこないので、家人が使っているもう一台のバックアップから戻してみる。

これで一度は元に戻った。しかしやはり画面の明るさ調整ができない。グラフィックス関連のデバイスドライバーを調べると、Intel HD 520とかいうものらしい。Lenovoのサイトから最新版を入れてみる。そのとたん、また画面が真っ暗になった。再度OSをリストアする。

この問題はしばらく放置することにして、このPCの使い道を考えていたら、今度はWindowsのupdateが大量にやってきた。画面の問題は相変わらずだが、今度はそれに加えてキーボートとトラック・ポイントが使えなくなった。ThinkPad X1 Yogaはタッチパネルでも操作できるので、継続して利用は可能だが、そういう問題ではない。Lenovoのサイトからキーボードとマウス関係のドライバを入れて、一度は治る。が、すぐにまた再発する。何度かドライバの入れ直しをやっているうちにふと安定する。かと思ったら、ディスプレイを裏返してタブレットモードにして、元に戻したらまたキーボードとマウスが使えなくなる。やはり電源回りにひびを入れたときに、マザーボードにも機械的な損傷が出て、センサーがおかしくなっているか、などと思ったりもする。

キーボードとマウスの問題に加えて、画面が真っ暗になる問題も再発する。どうも、Windows Updateで何かが来るたびに何かが起きるような気もしてくる。画面が真っ暗になるたびにOSを入れなおすわけにもいかないので、HDMIケーブルを買ってきて、テレビをディスプレイ代わりにして復旧できるようにする。最近更新されたIntel HDのドライバを一つ前のものに戻せば治るとわかったからだ。

そんな難点をいくつも抱えたPCを本格的に使う気にもならず、しばらく放置していたが、最近になってふと、内蔵ディスクにOSの初期イメージが入っていることを思い出した。このPCの購入時点に近い状態に戻せるなら、もう少し何か手が打てるかも。というわけで、凝りもせず、再度OSを初期状態に戻してみた。ところが今度はOSのリストアが終わる前に画面が真っ暗になった。

こうなると意地なので、この機種に対応したIntel HD 520のドライバをかたっぱしから試してみる。削除したり、入れなおしたり、あれこれ試すうちに、再度Lenovoのサイトを見てみると以前試したものより新しいもの(Intel HD Graphics 520, ver. 21.20.16.4550) が出ている。早速ダウンロードしてインストールしてみると、今までの苦労が嘘のように安定した。購入以来一度も出来なかった、Fn+F5とF6で輝度調整することも出来る。

ところが、今度はキーボードとマウスが使えなくなる問題が再発した。しかし私にはなんとなく、今の最新のドライバをLenovoのサイトからダウンロードすれば治せるような気がした。キーボードとマウス関係のもので、Urgentになっているもの(Synaptics Pointing Device 19.3.4.83とタッチファームウェア4.19)をダウンロードしてインストールしてみたら、こちらもきれいに治った。

結局のところ、BIOSfirmwareデバイスドライバなど、ソフトウェアに起因する問題だったらしい。しかし、わずか1カ月遅く購入したもう1台の方では、全くこのような問題は出ていないのに、どうしてこんなにも差があるのだろう。

普通は同じ機種を同じ時期に2台も買ったりしないだろうから、当たりを引けば大満足、外れを引くとひどい目に遭うということなのかもしれない。

購入から9カ月ほどして、やっと懸案の問題がすべて解消したので、これからこのPCの使い道を考えることができる。そうこうするうちに、また病気が再発しないといいのだけれど・・・・。

 

 

Finale 2014 on Windows 10

Windows 10にupgradeしてから、特に大きな問題なく利用してきたが、Finale 2014でひとつ問題が起きた。

Finaleでは入力した楽譜を自動演奏して音を確認する機能があるが、画面上の再生ボタンを押す方法では、楽譜の最初からの演奏するか、前回演奏中止したところの続きから演奏することしかできない。演奏開始箇所を小節番号で入力する方法もあるが、煩わしい。補助的な方法として、演奏開始したい小節で、「スペースキーを押しながらマウスクリックする」という方法があり、これがなかなか便利なのだが、Windows 10になってからこれが動かなくなってしまった。

小節の上にマウスカーソルを合わせスペースキーを押すと、マウスカーソルが耳の形に変化する。その状態でマウスクリックすると再生が始まるはずなのだが、いくらクリックしても反応しない。サポートに問い合わせてみると、ノートPCのタッチパッドなどの内蔵マウスデバイスの場合、そうした症状が出る場合があるということで、外付けマウスで試してほしいとのこと。確かに私はThinkPadトラックポイントを使っているので、その場合に該当する。ただ、私は外付けマウスというものを使わないので、試すことが出来ないし、それで回避出来たとしても、この機能を使うためだけに外付けマウスを使うというのも、なんだか釈然としない。

サポートに教わった情報を踏まえて検索してみると、Microsoft社自身のサイトで、Windows 8上のゲームソフト等の問題として、以下のページの情報が出ていた。

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-tms/%E6%96%87%E5%AD%97%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%8A%BC/0bd654a7-2a1e-47f1-8539-f514e7fb7282?auth=1

このページに出ていたさらに別サイトからの引用の、以下の部分を参考にして、Windows 10で調べてみると全く同じ設定があり、変更することで問題が解決した。

> 1. チャームを表示して,「設定」をクリック
> 2.「PC設定の変更」をクリック
> 3.「PCとデバイス」→「マウスとタッチパッド」をクリック
> 4. 「タッチパッド」欄にある「入力中に誤ってカーソルを動かさないように,クリックが作動するまでの待ち時間を変更します」のドロップダウンリストから,「待ち時間なし(常に有効)」を選択する

私は今までWindows 7上でFinale 2014を使っていて、今回Windows 10にupgradeしたため、Windows 8でFinaleを使ったことがないし、ゲームの類もやらないし、他のソフトウェアではキーボード操作とマウスクリックを同時に行うショートカットをたまたま使っていなかったので、今までこの問題に引っかからなかったらしい。Finaleのサポートにも同じ情報を連絡し、ここにも書いておくことにした。

Windows 10 + Protools 12.5

Protoolsが12.5でやっとWindows 10に対応し、Windows 10への無償アップグレード期限が7月29日に迫ってきたので、やっと重い腰を上げてWindows 7/64bitからWindows 10に移行することにした。
Windows 7/64bitへの移行が2010年8月だったので、ほぼ6年ぶりのOSアップグレードということになる。前回はWindows Vista 32bitからWindows 7/64bitへの移行ということで、上書きアップグレードが出来ず、OSもアプリケーションも全てDVDメディアから導入しなおしたが、今回はInternetからのダウンロードでアプリケーションもデータもそのままに、Windows 10にアップグレードできるという。6年間の技術の進歩はすごい。
とは言え、大切な作業環境に何かあるといけないので、C:ドライブだけは同一モデルのHDDをもう一台用意して、コピーを取っておく。6年前のC:ドライブは恐らく500GBだったと思うが、今では1TBになり、データ用に1TBのHDDをもう一台接続して使っている。時間の経過と作業結果の蓄積を感じる。
1TBのHDDのコピーも、Windows 10へのアップグレードも、思いのほか速く作業が進む。思えばInternet接続も6年前の8Mbpsから100Mbpsに変わり、WiFi接続でも20Mbps以上楽にでるようになった。GB単位のデータやアプリケーションの転送も、何の疑問もなくWiFi経由で行うようになった。
Windows 10へのアップグレードの1回目は、Windows 7の当て残しのupdateがあったのか、自動的なリブートで中断されたので、もう一度やってみたら、正常に終了した。ログインしてみると、エクスプローラーのインターフェースは多少変わっているが、ほとんど以前と変わらない。
ひとつひとつアプリケーションや、設定の確認をしてみる。いつものControl keyとIME on/offの割り当て変更が元に戻っているので再度設定する。RME BabyFaceを接続し、TotalMixの動作を確認し、WAVやMP3、MIDI、MP4などを再生して、音と動画の再生環境を確認する。音楽系ファイルの再生はGroove Musicがデフォルトになっているので、Media Playerに戻す。
Protoolsを起動しようとしたら、iLokを認識しない。どうやらiLokのサービスが動いていないようなので、再導入する。その後Protoolsを起動すると、問題なく動く。
Pluginの類もひとつひとつ確かめる。Ivory II、Melodyne、Bluecatなども問題なし。
続いてVOCALOID Editor v4、Finale2014も問題なし。
GIMP、Libre Office、AudacityCygwinも問題なし。PDFの表示がEdgeになっているので、Acrobat Readerに戻す。
Windows 7を使っていた少し前の時期から、EPSON EP803Aプリンタとの接続が調子悪かったので、これを機会にWindows 10用のドライバーで入れなおす。

結論から言うと、今までのWindows系OSの移行の中で、一番簡単だったと思う。また、Windows 7/64itからWindows 10/64bitへの移行によって、出来なくなった事は今のところ何もない。逆に言うと、PCを買い替えていないので、ディスプレイもタッチパネルじゃないし、Windows 10らしい使い方も出来ないから、何もご利益がないとも言える。時代に取り残されないための移行ということで、納得しよう。

まともなヘッドセットを使いたい

パソコンやスマートフォン、携帯電話で、それぞれヘッドセット、つまりマイク付ヘッドホンを使うことがあるのだが、どれにも満足していない。大体、パソコン用はマイクとヘッドホンの端子が分かれていて、スマートフォンは3.5mmの丸型4極、携帯電話に至っては平型コネクタ、統合コネクタなど、時期によってばらばらの規格が採用されているのだ。
最初は一般のヘッドホンが使えるマイク付変換ケーブルを何種類か用意して対応していたのだが、マイクの感度が悪く、常にマイクを手で持って話すのに疲れてしまった。
ある時、SENNHEISERから出ているパソコン用のヘッドセットで、PC 31-IIという、理想的なものを見つけ、同時にパソコン用の2端子方式からスマートフォンで使う3.5mm丸型4極への変換ケーブル(PCV 05)を見つけた。最近のパソコンではスマートフォンと同じ端子が使われるようになってきているので、それへの対応ということもあるのだろう。
早速購入して、スマートフォンやパソコンで使ってみると、音もよく、マイクの感度も良く、とても満足できるものだった。
ただし、私は携帯電話も使うし、それで電話会議をすることが多く、携帯電話でなんとか使えないものかと考えた。携帯電話の端子は携帯電話会社独自の統合コネクタで、それから一時期普及していた平型コネクタへの変換ケーブルは手に入った。あとは、平型コネクタから、3.5mm丸型4極への変換ケーブルが見つからない。いっそ自作するか。
そう思い立つと、意外に簡単に情報と材料が見つかった。まず3.5mm丸型4極の中継ジャックは、MJ064というモデルがマル信無線電気というメーカーから出ている。部品番号で検索すれば通販サイトもすぐに見つかるし、結線図も見つかる。

http://www.farnell.com/datasheets/320031.pdf

平型コネクタは手元にあった携帯電話用のヘッドセットのものを、ケーブルごと切断して再利用した。平型コネクタの結線図は、技術参考書に詳しく載っている。

http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/corporate/technology/document/pdc/jidoushadenwa.pdf

また、ヘッドセットではないが、平型コネクタから3.5mmステレオジャックへの変換ケーブルを自作された方の記事も参考になった。

http://www.mars.dti.ne.jp/~ogura/e_hobby/d901_st.html

ケーブルの被覆をはがすと、緑、赤、黄、オレンジの芯線とシールドが出てきた。平型コネクタを分解して各線とピンとの接続を調べたら、以下のようになっていた。

1 黄 (グランド)
2 オレンジ (マイク)
3 1と接続 (ヘッドセット検出)
4 赤 (ヘッドホン右)
5 緑 (ヘッドホン左)
6 1と接続 (ステレオ・モノラル検出)
7
8 シールド (受話スイッチ)
9
10

受話スイッチは使わないのでシールドはカットして、各芯線を3.5mmステレオジャックの各端子に以下のように接続した。

tip 緑 (ヘッドホン左)
ring1 赤 (ヘッドホン右)
ring2 黄 (グランド)
shield オレンジ (マイク)

早速携帯電話に接続して試してみると、音もちゃんと両耳で聴こえるし、マイクの音も拾っている。よしよし。